【レースレポート】第24回 UP RUN 彩湖マラソン大会 サブ3.5チャレンジ!

マラソン

はじめに

1/16(土)に彩湖で行われたフルマラソンに出場してまいりました!

新型コロナウイルスの影響で、多くのマラソン大会が中止となったため今シーズン最初で最後のレース。。今回はそのレースレポートとなります。

今回はDNF覚悟でPBを20分以上更新しないと達成できないサブ3.5に挑戦!!

しかし結果は案の定35㎞地点でDNFでした。。

なので、レースレポートというよりは自分のための反省文に近い内容となります(笑)

概要

プロフィール

ランニング(トライアスロン)歴:4年目

フルマラソン出場回数:4回

フルマラソンPB:3:52:49(2020年 館山わかしおマラソン)

大会名

第24回 UP RUN 彩湖マラソン大会

開催日

2021年1月16日(土)

会場

彩湖・道満グリーンパーク

レースレポート

スタート前

今回は会場が近所ということもあり、ロードバイクで移動。

スタートが9:30で会場についたのは30分ほど前でした。

健康チェックを行ったうえで簡単な受付を済ませウォーミングアップ。

フルマラソンに出場している方は、ざっと50人弱程度だったと思います。

レース戦略

2020年末に勝手に走った箱根駅伝4区でサブ100を達成。

ハーフマラソンでのサブ100は、フルマラソンでのサブ3.5達成の一つの目安であり、せっかくなのでサブ3.5を目指してみることにしました。

私は過去の経験からネガティブスプリット型の走りはできないと分かっているので、気持ち前半貯金を作る気持ちのイーブンペースで走ることに。

というわけで30㎞地点まではキロ4:55ペースを目安に走り、後半のペースダウンを気合で抑えるレースプランとしました。

また、途中無理そうであればキロ5:30ペースに切り替えて最悪でもPBは更新。そんな気持ちで挑みました。(しかし、これが裏目に出ることに。。)

スタート ~ 10㎞ (0:48:37)

最初は気持ちゆっくり目にキロ5分程度で走ろうなんて考えていたところ、多くの方に抜かれて少し焦る。。

この彩湖マラソンですが、そもそもランニングガチ勢がタイムを狙うために出場していることが多くサブ4より遅いペース設定の人がそもそも少ないということを後から知りました。。

しかし、焦っても仕方がないので元々の設定ペースであるキロ4:55より気持ち早いぐらいのペースで淡々と刻み、5㎞ほど走ったあたりで気が付いたら周囲に5~10人ほどの集団が出来上がっていました。

恐らくこの人たちは皆サブ3.5を目指しているのかなと心の中で考えつつ、せっかくなので他の人をペースメーカーに利用させてもらい体力を温存。

10㎞通過時点でタイムは0:48:37、まだまだ体力にも余裕があります。

10㎞ ~ 20㎞ (1:37:29)

引き続きキロ4:50~4:55ペースで走っていたのですが、10㎞超えたあたりから段々と集団の人数が減り気が付いたら自分を含めて3人ほどに。。

また、先頭で集団を引いていた方が少しペースダウンをしてきたので「これはまずい」と前に出ます。

ペースメーカーを失った形にはなりますが、ペースを崩すことなく走ることはできました。

20㎞通過時点でタイムは1:37:29、多少ペースダウンしてもサブ3.5できるタイムですが、脚に疲労を感じ始めており余裕があるわけではありません。。

20㎞ ~ 30㎞ (2:32:14)

20㎞地点超えたあたりから、「きっとこのペースを維持するのは無理だろう」と感じ始め、ペースダウンのタイミングを考え始めます。

サブ3.5を視野に入れるのであれば、30㎞超えてからキロ5:05ペースまで落とすぐらいが目安だったのですが、正直それでもきついなと判断し目標をPB更新(3時間50分切り)に修正。

25㎞超えてからペースをキロ5:30ペースまで落として余裕をもって完走するレースプランに修正しました。

しかしこれが大失敗。。

25㎞超えてから予定通りペースをキロ30秒ほど落としたのですが、ペースを大きく落としたが最後。これまでの疲労が一気に押よせ設定ペースで走れなくなってしまいました。。

結局段々とペースが落ちていき最終的にはキロ6分さえ切れないペースに。。

30㎞通過時点でタイムは2:32:14、正直ジョグをするのも精一杯でPB更新も難しくなってしまいました。。

30㎞ ~ 35㎞ (3:18:09)

30㎞超えてからは悲惨でした。。

歩いたり立ち止まったりを繰り返しながら、身体が回復することを願いましたが結局それはかなわず。。

35㎞地点までごまかしましたが、身体の回復が見込めずサブ4達成さえできない状態。。これ以上続けてもメリットはないと判断しDNFとなりました。。

DNFの要因

準備不足

そもそも練習を抜きにしても今回の大会は準備不足でした。

これまでのフルマラソンであれば、減量は勿論、カーボローディングやウォーターローディング、カフェイン抜き生活などなど、、練習以外の部分でも様々な準備をしてきました。

しかし、今回の彩湖マラソンはそれらの準備を一切せずにレースに出場。。

近所での大会だったことや、最悪DNFしてもいいという考えがあったせいか、そもそもの覚悟が甘かったと反省しております。

高すぎた目標設定

サブ4を目指しているときから私はハーフまではそこそこのタイムで走れてもフルマラソンは後半失速してしまうということを経験上知っていました。

しかし、それでも走力が向上した今なら後半も失速しないのでは?そんな思いで設定したサブ3.5ですがそもそも私にとって高すぎる目標でした。

レペティションやインターバルこそやっていたものの、レースペース走やロング走の練習量は不足しており、そういったことも今回の高すぎる目標設定をしてしまった原因の一つであると感じております。

(ペース走やロングジョグをしっかりやっていれば、そもそもサブ3.5のペースで走り切れないと事前に分かったはず。。)

今後について

残念ながら、今年も新型コロナウイルスの影響でトライアスロンの多くの大会が中止になると考えております。

焦っても仕方がないので、今年はスタミナや筋持久力に重点を置いたトレーニングをしっかり行い、来シーズンでは余裕をもってサブ3.5を達成できるようトレーニングをしていきたいと思います。

ブログを応援してくださる方、ぜひバナーのクリックをお願いします!
皆様の応援が力になります!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました