【ズームフライ3レビュー】初級者にこそおすすめ!?実際の使用感を紹介します

【ズームフライ3レビュー】初級者にこそおすすめ!?実際の使用感を紹介します

MGCや箱根駅伝で一躍有名となった厚底シューズ。

最近は、世界陸連により規制がかかるか否かで話題となりましたね。

厚底シューズに興味を持って購入の検討をした方も少なくないと思います。

実は、僕も先月にナイキの厚底シューズ「ズームフライ3」を購入し、実際に練習で使用したうえでフルマラソンも走ってきました。

そこで、今回は「ズームフライ3」について

  • 基本スペック
  • ヴェイパーフライ ネクスト%との違い
  • 実際に走ってみた良かった点・悪かった点

について、ご紹介させていただければと思います。

基本スペック

ナイキ ズーム フライ 3 ライズは、ヴェイパーフライからヒントを得て、長距離ランナーに必要なレース中の快適性と耐久性を追求。カーボンファイバー製プレートのパワーにより、何キロでも走り続けられます

NIKE公式
  • 価格:17,600円(税込)
  • 重量:約274g(メンズ28㎝)
  • オフセット:11㎜(前足部23㎜、ヒール34㎜)
  • 耐久性:約800㎞
  • アッパー素材:ヴェイパーウィーブ(合成繊維)
  • ミッドソール素材:リアクト
  • アウトソール:合成底

ヴェイパーフライ ネクスト%との違い

価格

ズームフライ3の価格が¥17,600なのに対し、ヴェイパーフライ ネクスト%の価格は¥30,250と約¥13,000円の差。

重量

ズームフライ3(メンズ28㎝)の重量が274gなのに対し、ヴェイパーフライ ネクスト%の同サイズ重量は195gと約80gほどの違いがあります。

僕が今まで履いていたシューズ(ミズノのウェーブエンペラー3ワイドモデル)の重量が約190gだったのですが、やはりズームフライ3を履いた時には重さを感じましたね。。

耐久性

ズームフライ3の耐久性が約800㎞なのに対し、ヴェイパーフライネクスト%の耐久性は約400㎞と半分しかありません。

そのため、ヴェイパーを購入された方でも基本的には日ごろの練習用シューズは別のものを用意する必要があります。

実際に走ってみて

ここからは練習及びフルマラソンで実際に使用してみた個人的な感想となります。

よかった点

フォームが改善された

厚底シューズはフォアフット走法及びミドルフット走法に適したシューズであるため、ヒールストライク走法には適しておりません。

実は、僕は元々ヒールストライク走法でした。

というより、ミドルフット走法を習得したかったのですが、中々うまくいかなかったんですよね。。

そんな、僕がズームフライ3を履くとどうなるか?

強制的にフォームが改善されミドルフット走法となります。笑

というより、踵の部分が柔らかいせいでヒールストライク走法だと足が安定せずうまく走れないんですよね。

また、今まではフルマラソンの後半になると腰が落ちて猫背になりがちだったのですが、ズームフライ3を履いて挑んだ館山若潮マラソンでは、最後までしっかりと高い位置に腰をキープして走ることができました。

なので、フォームが整っていない初心者の方こそ、きれいなフォームで走ることができる(矯正される)ズームフライ3を履くべきなのではないかと個人的には考えております。

楽にスピードが出る

上記で述べたようにこのシューズを履くとフォームがある程度矯正されるため、楽にスピードが出せるようになりました。

もちろんカーボンプレートの効果もあるとは思います。

具体的に言うと、自分ではキロ5分ペースで走っているつもりでも実際にはキロ4分45秒ぐらい出てたりします。

なので普段の練習やレース終盤であれば問題ないのですが、序盤から何も考えずに走るとオーバーペースになりがちなため、そこだけは注意ポイントです。

悪かった点

「厚底」になれる必要がある

これは、自分というよりも一緒にズームフライ3を購入した嫁からのコメントですが、「薄底シューズ」と「厚底シューズ」ではランニングフォームが異なるため、薄底になれた人が厚底をいきなり履きこなすのは難しいと感じたようです。

ちなみに嫁は高校陸上部で大学はトライアスロン部、フルマラソンPBはサブ3.3とランの上級者ランナーです。

なので、「薄底」になれた中上級者のランナーの方は、「厚底」を履く場合今までのフォームを変える必要があると思われるので、注意が必要です。

まとめ

今回は、厚底シューズのNIKE ズームフライ3について紹介させていただきました。

興味のある方は、ぜひ購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

ブログを応援してくださる方、ぜひバナーのクリックをお願いします!
皆様の応援が力になります!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。