【レースレポート】2019年 ぐんまマラソン②レース後半

【レースレポート】2019年 ぐんまマラソン②レース後半

前回から時間が空いてしまいましたが、こちらはぐんまマラソンレポートの続きとなります
【レースレポート】2019年 ぐんまマラソン①レース前半

前半は予定通りに進んだぐんまマラソン

はたしてサブ4できたのか?そしてトイレは間に合ったのか!?

そのへんまるっとレポートとしてまとめました!!

レース後半

20㎞~25㎞:後半に備えて

ここからキロ5分30秒にペースアップします。

個人的に20㎞以上のランで5分30秒は速いと感じるので、このあたりからまじめに走らないと予定ペースより遅れる感じになってきました。

脚に少しずつ疲労が溜まってきて不穏な感じがしますが、今のところは支障なし。

一周まわってトイレのことも忘れてきたので、この調子ならゴール後まで我慢できそう

この区間は27分38秒で8秒の遅れ。この区間も完璧なペース!

25㎞~30㎞:誤魔化せない疲労

この区間もキロ5分30秒ペース。

30㎞以降、コースが登り基調になる中もう10秒ペースを上げる必要があったのでここで脚を使うわけにはいきません。

しかし、身体は正直ですでに疲労の影が見え隠れしていました。

ここで、30㎞以降ペースアップをすることは無理だと悟り、最低でも現状のペースを維持することにしました。

それでもまだサブ4ギリギリ間に合うはず。。

この区間は27分36秒で6秒の遅れ。ペースは完璧。

30㎞~35㎞:30㎞ぶりの再会

ここからは自分との勝負。失速覚悟で5分30秒のペースを維持して走ります。

脚は疲労で重く、頭もくらくらしてきましたが何とかペースは維持。

しかしとてもきつい。もうこのまま走ることをやめたら楽になるんだろうなと何度も考えました。

そして、心が折れそうになったその時。

見覚えのある集団が視界に入りました。

それは、スタート直後に見送ったサブ4のペーサー集団。

そう、ここにきてやっと追いつくことができたのです!

これで何とか元気を取り戻しサブ4集団に混ざって走り始めます。

もう一人じゃない。あと残すは7km強。いける!

この区間は27分22秒で15秒の遅れ。そしてこの区間が今回のレースの最速ラップとなりました。

35㎞~40㎞:終わりは突然に

意識が朦朧としつつもなんとか集団に混ざって走り続ける自分。

しかし、薄々気が付いていました。30㎞以降加速できたのはランナーズハイのおかげ。きっと長くは続かない。。

そして38㎞地点。それは突然やってきました。

右足の大腿四頭筋がつってしまい、同時に襲ってくるめまい。

一瞬意識が朦朧として転倒してしまいました。

そしてそれがこのレースの終わりでした。。

何とか立ち上がるも一度止まった脚を再び動かすのは容易ではなく、ランナーズハイが終わってしまった自分は何度も立ち止まりながらゆっくりと歩くことしかできませんでした。

そしてサブ4できないことを確信し、ちょうど近くにあった仮設トイレへ。

サブ4は無理でも人間としての尊厳は守ることができた。。

40㎞~Finish:敗走

一度止まった脚を再び動かすことは容易なことではありませんでした。

少し走っては歩きを繰り返しながらも「せめてサブ4.25は」と少しずつ歩みを進め何とかフィニッシュ。記録はネットで4時間13分37秒。なんとかサブ4.25は達成、そして一応PB更新。。

ぐんまマラソン完走証

まとめ

計測ポイント 予定ペース 実績ペース タイム 予定差分
5㎞ 0:06:00 0:06:08 0:30:40 +40秒
10㎞ 0:05:50 0:05:51 0:59:55 +45秒
15㎞ 0:05:50 0:05:51 1:29:09 +49秒
20㎞ 0:05:40 0:05:39 1:57:26 +46秒
25㎞ 0:05:30 0:05:32 2:25:04 +54秒
30㎞ 0:05:30 0:05:31 2:52:40 +1分
35㎞ 0:05:20 0:05:28 3:19:59 +1分39秒
40㎞ 0:05:20 0:07:44 3:58:38 +13分38秒
Finsh 0:05:20 0:06:50 4:13:37 +16分55秒

38㎞地点で限界が来てしまい、結果的にふがいない結果となってしまいました。

今回の結果を踏まえ、次回レースまでにしっかりと反省と調整を行い今シーズン中のサブ4目指します!

レース内容の分析などはまた別の記事で。。

ブログを応援してくださる方、ぜひバナーのクリックをお願いします!
皆様の応援が力になります!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。