【大会参加レポート】九十九里トライアスロン99T 男女混合リレー 3位入賞!

トライアスロン
DSC_0787.JPG

はじめに

10/11(日)、久しぶりにトライアスロンの大会となる九十九里トライアスロン、通称99Tに参加いたしました。

参加種目は、男女混合リレー。スイム(第1ラン)と(第2)ランを嫁に任せバイクでの参加でした。

レースレポート

コンディション

台風14号の影響により、事前にスイムがランに変更となるアナウンスあり。

当日は小雨だったものの風が強く選手としては辛いコンディションでした。。

第1ラン

  • 【記録】0:06:05
  • 【総合順位】2位
  • 【部門別順位】1位

第1ランはトランジションの近くを1周する1.5㎞のコース、担当は元々1,500mの選手だった嫁。

スタート前は「第2ランもあるから軽く走ってくる」といっていましたが、実際には総合2位という好タイムで走ってくれました。

T1

  • 【記録】0:01:27
  • 【総合順位】1位
  • 【部門別順位】1位

今回トランジションが芝生かつ前日からの雨でぬかるんでいたためと手も走りづらい状態でした。

それでも頑張って走ってくれた嫁のおかげもありまさかのリレー総合1位!

おかげさまで良い位置でバイクをスタートさせることができました。

バイク

  • 【記録】1:14:30
  • 【総合順位】9位
  • 【部門別順位】3位

バイクは、九十九里有料道路を北上後、L字に走って往復する40㎞のコース、担当は僕。バイクは唯一嫁に勝てる種目です。。

この日、強い北風が吹いており(Garminによると風速7.5m/s)前半は全くスピードが出ない状態でしたが、「後半は追い風で何とかなる、今が踏ん張りどころだ。。!」と自分に言い聞かせて少しオーバーペース気味に踏んでいきます。

途中、ドラフティング集団に何度か抜かされましたが、ゼッケン番号を確認してリレーの選手はいなかったので無視。ルール違反している選手に構う時間も体力もありません。

そうこうしているうちに折り返し地点、この時点で平均ペースは28.5㎞/h。そして折り返し地点からペースを40㎞/h前後まで上げて遅れを取り返していきます。

このあたりからは特にドラフティング集団に抜かれることもなく、基本的に一人旅。

道幅も広く直線で、大きなアップダウンもなく気持ちよく走り切ることができました。

T2

  • 【記録】0:01:51
  • 【総合順位】10位
  • 【部門別順位】4位

レースに出るのが久しぶりだったせいもあってか、バイクから飛び降りすることを忘れてしまい、ビンディングシューズでトランジションを走る羽目に。。

バイクで全力出し切ったうえにぬかるんだ芝生の上、、コンディションは最悪でしたがここでタイムをロスするわけにもいかないので最後の力を振り絞って嫁に計測チップをつなぎました。。

第2ラン

  • 【記録】0:47:07
  • 【総合順位】10位
  • 【部門別順位】4位

第2ランは海岸沿いを2周する計10㎞のコース、第1ランから引き続き嫁。

「多分キロ4分30秒ペースで完走するよ」と聞いていたので、ゴールに間に合うようフィニッシュ地点に移動。バイクパートから相変わらず風が強かったので少し心配でしたが、しっかり好タイムで帰ってきてくれました。

ちなみにランは11㎞弱あったらしく、ラストスパートの計算が狂ったと嫁が嘆いていました。。(笑)

リザルト

なんと男女混合3位で入賞することができました!!

2020年99T リザルトはこちら

  • 総合記録 2:11:00(8)
    • 【嫁】第一ラン 0:06:05(2)
    • 【僕】バイク 1:14:30(9)
    • 【嫁】第二ラン 0:47:07(11)

※()は全体順位

所感

コロナ禍での大会開催に感謝

皆さんご存じの通り、新型コロナウイルスで数多くの大会が中止になる中、99Tは運営事務局の方々のおかげで無事に開催していただくことができました。

受付方法の工夫やウェーブスタートの導入など、参加者が可能な限り密にならないような準備がされており、安心して参加することができました。

自分にとって、大会はモチベーション維持のために重要な役割を担っているので運営事務局の方々には本当感謝しております。

練習不足が否めないも無事入賞

大会1か月前となる9月ですが、本業が超多忙になったことなどもありほとんど練習をすることができませんでした。。

そんな中でしたが、今回そこそこのタイムを記録し無事入賞圏内でフィニッシュできてほっとしました。

しかし、今回デュアスロンにならなかった場合入賞はおそらくできなかったので、次回以降のレースはしっかりとコンディションを整えて挑みたいと思います。

バイクの集団ドラフティング

今回、唯一残念だったのがバイクでのドラフティング。

マーシャルが一部取り締まっていたものの、実態として上位選手の半数以上はドラフティングをしていたのではないでしょうか。(もちろんしっかりルールを守って走っている選手もいらっしゃいました。)

特に走行後、自分よりバイクタイムの早かったリレー選手が「99Tはいかにマーシャルにばれずにドラフティングをするかがポイント」「みんなやってるんだしやらないと損だよ」と発言されており、とても残念な気持ちになりました。

とはいえ、ルールを守らない方に何を言っても無駄だと思うので、次回はドラフティングをさせないぐらいの脚力を身に着けて実力で圧倒したいと思います、、!

さいごに

ブログを応援してくださる方、ぜひバナーのクリックをお願いします!
皆様の応援が力になります!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました